読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしニュース~通勤おもしろ小ネタ(気になるニュースや不動産投資の話題)~

毎日の気になったニュースや不動産を中心とした投資の話をかきます。通勤時の暇つぶしにどうぞ!

【時事ニュース】配偶者控除 年間給与3段階に分け控除減額

www3.nhk.or.jp

 

配偶者控除が見直しされそうですね。

 

配偶者控除とは、夫婦のどちらかが103万円まで稼いでも、配偶者の扶養範囲内で、所得税を納めなくてよいですよ、という制度です。

扶養者になるメリットとしては、夫の健康保険や年金保険の第3号被保険者になれるので、健康保険料・年金保険料を払わなくてよくなるということです。これはお得ですよね。

 

この制度があるため、夫婦一方の年収を103万までにおさえる家庭が多く、「103万の壁」とも表現されてきました。

一方で、この制度が女性の社会進出を阻んでいるという声があり、昨今この制度の扶養範囲の金額について見直しが議論されています。たしかに多くの家庭が扶養者の収入を103万円にしていたら日本経済的にはマイナスですよね!

 

それが上記ニュースにも書いてある通り、150万となりそうです。

 

あれ??そもそも女性の社会進出を阻む壁を取り払おうという趣旨ではじまったこの議論ですが、103万→150万ってあまり変わらないように思うのは僕だけなのか??

年額にして47万、月額4万円家庭の所得が増えてどれだけの経済効果があるのだろう。。。と思ってしまいました。

 

うーん、世間からのハレーションを考えるとこのあたりから始めようと思ってのことかもしれませんね。今後に期待ということでしょう。

 

将来、日本も欧米みたいに共働きでハウスキーパーをやとう、という生活が当たり前になるかもしれませんね。