読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしニュース~通勤おもしろ小ネタ(気になるニュースや不動産投資の話題)~

毎日の気になったニュースや不動産を中心とした投資の話をかきます。通勤時の暇つぶしにどうぞ!

不動産投資って本当に有望?

都市部での不動産投資か活発なようですね。
不動産投資の一括資料請求サイトを見つけたので、ご紹介させていただきます。

不動産投資一括比較

 

一括資料請求サイトにある不動産投資は・・・
◇都心
新築マンション
◇ワンルーム
についてのものです。

私自身、東京で不動産投資のセミナーに参加した経験
があるのですが、その内容は・・・
◇都心(東京・横浜・川崎)
中古マンション
◇ワンルーム
という内容でした。

セミナーの趣旨は「不動産投資で将来の年金対策の備えを今からしましょう。」

というもの。都心のワンルームマンションは地方に比べ、圧倒的に空室リスクが無く
売却の流動性が高いというものでした。


事実、日本の人口は都心部で2030年までは増え続ける(外国人を含む)と
いう調査結果もあり、空室リスクは極めて低い状況にあると思います。

その時は、すごく魅力的な内容に思えました。

中古ワンルームマンションは2種類に分けられていて・・・
①築浅物件⇒新築後10年程度
②バブル期物件⇒1990年代バブル期の物件
こういう説明を受けました。

利回りが高いのは②バブル期物件
空室リスクが低く・売却流動性が高いのは①築浅物件
との事でした。

販売価格帯は・・・
①築浅物件⇒1,500万円~2,000万円
②バブル期物件⇒1,000万円~1,500万円
でした。(紹介された物件はです)

◇家賃収入⇒月8万円程度、年間96万円
◇管理費・火災保険などの支出⇒年間15万円程度
◇固定資産税⇒10万円程度
◇初年度⇒不動産取得税20万円程度

頭金の金額、ローン年数、金利にもよりますが
実質利回りで4%くらいの内容でした。

(余談)
銀行融資は、ご自身の取引のある銀行を選んだ方が良いと
思います。私は地方出身ですので、この話を地元の銀行さん。
いわゆる第2地銀に相談したところ、金利1.8%と言われました。
ずいぶん差が出るものだな~と思いました。

2社さんともに、社員さんはとても感じがよく、押し売りセールス的な
ことは一切ありませんでした。

さて、不動産投資の一括資料請求サイトに話を戻します。

一括資料請求できる会社は5社のようです。
①㈱グリップ
②㈱メイクス
③㈱レビア
④㈱ブロードブレインズ
⑤㈱日本ワークス
5社に共通する物件の内容は・・・
◇デザイナーズマンション
◇新築
◇自社開発・管理・販売物件
◇賃貸管理もします
という内容ですので、5社とも総合力のあるデベロッパ
であると言えます。

そこで各社の特徴を調べてみました。

①㈱グリップ
横浜・川崎を中心に、自社開発シリーズ「Lea(レア)シリーズ」と
「MORE(モア)シリーズ」を展開。Leaは投資用、MOREは実需用
として、どちらも大人気の様子。ネット上の口コミ評価も上々で
した。

②㈱メイクス
東京都心を中心に、自社開発シリーズ「メイクスデザイン」を展開
賃貸入居付けに強く、入居率98%が売り。
ネット上の口コミ評価に関する情報は見受けられず。

③㈱レビア
大阪・京都・神戸を中心に自社開発シリーズ「アクアプレイス」を展開
ネット上の口コミ評価に関する情報は見受けられず。

④ブロードブレインズ
東京都心を中心に自社開発シリーズ「レジオス」を展開
ネット上の口コミ評価に関する情報は見受けられず。

⑤日本ワークス
東京都心を中心に自社開発シリース「ブライズ」・「フュージョナル」
「ベルグレード」を展開
ネット上の口コミ評価は、やや営業熱心過ぎるとの評判。

こういう特徴がありました。

先ほど私も資料請求をしてみました。

 

②と④の資料が送られてくるようで、非常に楽しみです。

決め手は・・・
☆物件の土地勘があるかどうか
☆主要駅からの徒歩距離⇒10分以内が理想
☆築年数
☆実質利回り
☆担当営業さんの対応
になってくるのだと思います。

不動産投資は、投資の中でも唯一、銀行からの借り入れができる
レバレッジの効いた投資です。
リスクもありますが、家賃収入という安定性もありますので、検討に値する投資ですね。

一度資料請求をしてみて、勉強する気持ちで資料に目を通すだけ
でも価値があると思います。

不動産投資一括比較  

また、近いうちにこの不動産投資一括比較のレポートを上げますね。

長々とお付き合い頂きありがとうございました。