読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしニュース~通勤おもしろ小ネタ(気になるニュースや不動産投資の話題)~

毎日の気になったニュースや不動産を中心とした投資の話をかきます。通勤時の暇つぶしにどうぞ!

トヨタ、燃費40キロのハイブリット車販売へ

トヨタ、燃費40キロのハイブリッド車販売へ…10年前より30%改善 | Joongang Ilbo | 中央日報

http://japanese.joins.com/article/893/196893.html

 

リッター40キロの燃費ってすごいですよね!

学生時代に乗っていたネイキッドバイクが大体40キロの燃費で、仲間内から「燃費いいなー」といわれていました。

 

〇現行車種ごとの燃費の良さ

今販売している車種はどれくらい燃費が向上しているのか気になったのでネットで調べてみました。

順位 メーカー 自動車名 燃費 価格
1 スズキ アルト L FF 37.0km/L 89.4万円
1 トヨタ アクア AQUA L 1.5  2WD 37.0km/L 176万円
3 ホンダ フィット ハイブリッド  1.5 FF 36.4km/L 168万円
4 ダイハツ ミラ イース Mira e:S  D FF 35.2km/L 76万円
5 ホンダ グレイス DX FF 1.5  34.4km/L 195万円
6 トヨタ カローラ アクシオ HYBRID 2WD 33.0km/L 198万円
7 トヨタ プリウス  L 1.8 32.6km/L 223万円
8 スズキ ワゴンR FZ FF S-エネチャージ 32.4km/L 137万円
9 ダイハツ ムーヴ  L 2WD 31.0km/L 113万円
10 マツダ アクセラ HYBRID  FF 2.0 30.8km/L 247万円
 

(参考:http://www.geocities.jp/cynos_convertible/nenpi_ranking.html

 

トヨタのアクアが、非常に燃費がよいという噂は聞いていましたが、すでに40キロ/Lに手が出そうな状況だったのですね

技術の進歩の速さへの感心ついていけていない自分への驚きを感じました。

日本の基幹産業ともいえる車産業には、常に一定の関心を持っているつもりだったのですが。。。勉強不足ですね。

 

〇バイクは、完全に娯楽用品?

車の燃費がここまでよくなると、バイク業界は現状よりさらに苦しくなるのではないでしょうか。

車と比較したバイクのメリット・デメリットは、私の主観だと下のような感じです。 

メリット デメリット
かっこいい 雨への弱さ
晴れた日の心地よさ 寒さ
経費の安さ 事故の危険度
  事故の頻度(スリップ、立ちコケ)
 

 

上記の記事ってバイクのメリットのひとつである「経費の安さ」の大きな部分を占める「燃費」を消してしまってると思うんですよね。

 

雨にも弱いし、事故の危険も大きくて燃費も良くないって。。

完全に「娯楽」になってしまいそうねw

 

今後、ますますバイク需要が減るような気がします。

淋しい限りですね。

 

▽車やバイクの無料査定です。

  

ちなみに学生時代に乗っていたバイクです。

東南アジアで販売されている車種で一つ一つの部品はシャビィなものが多いですが、車体も軽いのでとり回しも楽ですし何より安かった(新品で20万くらいでした)。

懐かしいなー^^

LeoVince: YAMAHA YBR125(07-11) - フルEx(1-1) Evo II Factory アルミニウム製 並行輸入品

新品価格
¥80,352から
(2015/2/22 09:32時点)

乗りやすいバイクでした。