読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしニュース~通勤おもしろ小ネタ(気になるニュースや不動産投資の話題)~

毎日の気になったニュースや不動産を中心とした投資の話をかきます。通勤時の暇つぶしにどうぞ!

自由が丘に“クリスマス直前”初登場! “第4のチョコ”や新感覚“生チョコスフレ”など “魔法”のようなチョコレートが勢ぞろい!

ビーントゥバーにこだわった、チョコレートの美味しさを発信するチョコレート専門店『マジドゥショコラ』(運営:株式会社マジデマティエール)が、2016年12月17日(土)、自由が丘にオープンいたします。

f:id:uedatakako:20161215220609p:plain

Bean to Bar(ビーントゥバー)とは、「豆からバー(板状)になるまで」という意味の通り、ショコラティエカカオの買い付け、焙煎、製造の全てを自社の工場で行うチョコレートの製造工程のことです。

アメリカやヨーロッパなどでブームを巻き起こし、日本でも近年ブームとなってきています。

    

店舗外装 イメージ
店舗外装 イメージ

「マジドゥショコラ」公式サイト: http://www.magieduchocolat.com/




このお店では輸入したカカオ豆個々の発酵具合を確認し、カカオ豆の大きさを揃え、砂糖を入れるタイミング、ローストの時間を秒単位で調整し、魔法で出来たような最高のチョコレートを造り上げます。
そんなチョコレートを知り尽くした職人が、口に含んだ瞬間の香りの広がりや味わいを最大に活かしたチョコレート菓子を販売いたします。
チョコレートを製造する上で使用する原材料のカカオ豆も、カカオ豆生産者の持続的な生活向上を支える仕組みであるフェアトレードで現地と直接取引するなど生産地へのこだわりも深く、チョコレートを販売することで現地生産者の方々に豊かな生活環境を作り、良質なカカオ豆が作れる生産地の環境改善にも積極的に協力しています。


【商品の特徴】
チョコレートの新常識である、ブロンドチョコレートは、濃厚でミルキー、少し塩気もあるキャラメルのような味わい。この新しいチョコレートを1番美味しく感じられる、口どけの良い生チョコレートに仕上げました。カカオの割合にこだわった、格別に相性のよい55%のチョコレートとの2層の生チョコレートのコントラストをお楽しみいただけます。

■今後の予定について
グランドオープン:2016年12月17日(土) 10:00~19:00


■店舗概要
店舗名  : マジドゥショコラ
所在地  : 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢六丁目33番14号
アクセス : 自由が丘駅から徒歩3分
TEL   : 03-6809-8366
席数   : 全席数6席(全席禁煙)
営業時間 : 10:00~19:00

 

■こちらからも購入できます。

↓ ↓ ↓

 

水晶を自作栽培してオリジナルアクセアサリーを作る方法(しゃべくり007で紹介されたそうです)

最近、メディアや有名なユーチューバーにも人気のマジッククリスタルというものがあります。

オリジナルクリスタルを作って、 インテリアやアクセサリーを作るというもので、その手軽さから人気を博しているようです。あのしゃべくり007でも紹介され、YOUTUBEでも紹介されているようです。

その話題の商品がこちらになります。

 ↓ ↓ ↓

 こんな感じに水晶が約10日でそだちます。

f:id:uedatakako:20161211215401p:plain

 そもそも、水晶とは何なのでしょうか?

綺麗に光る水晶は、石英(せきえい)と言われる物質が、六角柱状になったものを水晶と呼びます。基本的には無色透明で、覗いてみると向こう側が見えるほど透き通っています。中には透き通っていないものがあり、不純物が混じっていると黒色になったり色が変化します。

堆積岩や鉱物に含まれている場合が多く、日本でも昔は数多くの採掘場がありました。今ではアメリカやブラジルで採掘されているところが豊富にあり、世界各地へと輸出されています。

色がついた水晶として「Amethyst/アメシスト」や「Citrine/シトリン」など名前を聞いたことがある色付き水晶も人気です。クリスタルも水晶と同じような意味で用いられています。

 アクセサリーを作ると、下記のようになります。きれいですよね。

 

f:id:uedatakako:20161211215552p:plain

 

ちなみにこの水晶を大きく育てる方法もあって、こちらになります。

 

www.youtube.com

 

なんだかとても楽しそうですよね。

是非皆さんも育ててみてはいかがでしょうか?

↓ ↓ ↓

 

不動産管理会社ノースエステート社のセミナーに行ってみました。最新のクラウドファンディングを使ったいままでにないタイプの管理会社です!

株式会社ノースエステートさんのセミナーに行ってきました。

www.nos-estate.co.jp

社長が自らセミナー講師をやっていて、誠実な方でした。とても質問しやすかったです!

 

内容は賃貸募集とその後の管理について。

正直よくあるセミナーかな、と思ってあまり期待はしていませんでした。(ノースエステートさんすみませんm(_ _)m)

 

受けてみて、率直な感想はこういう管理をして欲しかった!という思いました。

では、何がよかったかというと、ノースエステートさんの作成されているシステムです。

ノースエステートさんは、お客さん一人一人についてネット上にマイページを作ってくれます。

 で、そこに入金明細を掲載します。

この辺りは同じようなことをやっている管理会社さんをたまに見かけます。(私も1社そういうシステムをもった管理会社と管理契約しています。)

 

しかし、ノースエステートさんは入金明細を出すだけでなくて、管理している物件の内見者からのフィードバック(なぜ成約に至らなかったかなど)や担当者の感じたこと、内見数をフィードバックしてくれるのです!(これだけの情報がクラウドでネット上にてフィードバックされます。)

f:id:uedatakako:20161123160910p:plain

更に上記データを元に色々とアドバイスしてくれるそうです! 

これはいちいち内見結果の確認のために電話している私たちサラリーマン大家さんにとっては非常にありがたいことです。(進んで内見結果等を連絡してくれる管理会社はいまのところであったことがありません)

今まで、募集をしている物件について管理会社からフィードバックを受けたことはほとんどありません。こっちから聞きに行って何が悪いかを特定しなければなりませんでした。

それらをしなくて良いのは大きなメリットだと思います。

 

更に普段の管理も24時間電話対応やなにか起こった時の迅速なオーナーへの連絡などしっかりしているとの事です。

 

これは無料のセミナーです!とてもオススメです!

下記バナーから申し込めますので、ぜひ活用して下さい。

↓ ↓ ↓

 買わせるばかりのセミナーにうんざりしていませんか?

~ オーナー目線の不動産管理セミナーのご案内 ~

200名に総額100万円が当たる不動産投資のアンケートです!

ぜひ答えてみてください!!

 

この太陽光のブログも面白いですよ

uedatakako.hatenadiary.jp

またまた面白そうな企業・サービスを見つけました!旅行好きには必見です。

株式会社アドベンチャーという会社を知っていますか?

またまた面白そうな企業を見つけたので、紹介します

f:id:uedatakako:20161211000717p:plain

経営理念に「徹底的に無駄と戦い、顧客に還元する」とHPでうたっている企業で

格安航空券予約サイトskyticketや宿泊、レンタカーなどの旅先のアクティビティの予約ができるADVENTUREを運営している会社です。

 

当日予約が可能なことなどから、ビジネスマンの皆様から安くて、便利な航空券予約サイトとして支持をのばしているようです。 また、往復航空券にホテル宿泊券のついた格安航空券なら50%以上の割引も実現します。

無駄を省いて、顧客に還元するという経営理念に嘘偽りはない、心意気を感じる企業ですよね。

 

実際に使ってみるととても使いやすくて便利 !

航空券は、片道、往復、周遊も選べるし、時刻表も出る。

ホテル予約はExpediaとほぼ同じと思われるけど、キャンセル無料で予約できるところも多い。

レンタカー予約まで出来る。これだけ機能を付けると重くなるかと思いきや、ストレスはほとんど感じません。

出張手配やレジャーの計画がサクサクすすみます!!

これから利用者も増えるだろうなーっていうサービスです。

ぜひチェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

 

こちらの企業も面白そうです!

uedatakako.hatenablog.com

話題のドライヤー!ダイソンのスーパーソニック

www.fashion-press.net

 

 

HD01 WSN Dyson Supersonic ホワイト/シルバー

新品価格
¥46,619から
(2016/12/10 23:26時点)

ダイソンからスーパーソニックというドライヤーが出ていて話題になっているようですね。

ダイソン社といえば掃除機を思い浮かべる人も多いはず、なんでドライヤーなんか作っちゃったのか??

いやいや、このドライヤーにはダイソンの高い技術が詰まっているんです。

ヘッド部分が大きい従来のヘアードライヤーは、強い熱風で髪に過度の熱ダメージを与えてしまうこと、また髪がフィルターに吸い込まれて絡まる危険性も懸念されていたが、ヘアードライヤーの形状は1960年代から殆ど変わる事がなかった。

そんな不満を解決すべくダイソンのエンジニアが開発したのが、「ダイソン スーパーソニック」。高速かつ狙いを定めやすい風、過度の熱ダメージから髪を守る「インテリジェント・ヒートコントロール」、そして手に持ったときのバランスを考慮したデザイン設計が特徴とのことです。

f:id:uedatakako:20161210235240p:plain

開発にあたり、ダイソンは毛髪の科学研究専用に実験施設を整備するなど、総額約95億円を投資。累計1,625kmを超える本物の人毛を使用し、4年に渡り様々なタイプの毛髪を用いた製品テストを実施するなど、毛髪を様々な角度から研究したという。

一度使うと、病みつきになるという声も多く人気が高いようです。

是非皆さんも一度使ってみてはどうでしょうか?

 

 

「advent」という新しい会社のサービスが斬新です!VAIO好きなパソコン初心者必見!!

なにやら、ちょっと面白そうな会社を見つけたので紹介したいと思います。「advent」という新しい会社です。

 

DSC00001.jpg

私が気づいたのは今朝からなのですが、My VAIOの広告欄にこんなバナーがあります。「VAIOを好きすぎて会社を立ち上げちゃいました」という、キャッチコピーで「advent」という初めて聞く社名です。

DSC00004.jpg

VAIOソニー、そして何よりもワクワク、ドキドキに人生を被せたメンバー』『最初の合い言葉は「VAIO」』という言葉があり、PC、スマートフォンなどの製品名も見えます。

何をする会社なのか、様子も分からないし、なんか怪しい感じ?がしなくもないのですが、企業情報を見るとびっくりします。

DSC00005.jpg

代表取締役として名前を連ねているのが2005年までソニー(株)の社長を務められた安藤国威氏と、そしてソニースタイルの初代プレジデントを務めた佐藤一雅氏の名前があります。

安藤氏はソニーの顔として社長も務められている有名人ですが、佐藤一雅氏もVAIOの立ち上げの際に尽力された当時の部長さんで、その後もソニースタイルを立ち上げて、VAIOのプロモーションからソニースタイルまで、まさに私の知っているソニーのドキドキ、ワクワクの演出をされていた方なんです。

なんとも、すごい方たちがソニーにカムバック!?してきた感じ。

DSC00001.jpg

 

そのアドベント社の驚くべきサービスは、こちらです!!↓

VAIOノートPCがネット代金込みで月々4980円でご利用いただけます!! 回線不要のLTEモデルなので、いつでもどこでも簡単にインターネットができます! しかもご自宅へは既に使える状態でPCをお届けしますので、面倒な初期設定やSIMの接続も必要ありません!! 遠隔サポートのサービスを使えば、いつでも困った時に遠隔操作にてサポートが受けられます!! 更に、初期費用、送料、分割手数料無料にしてのご紹介です!

 

非常に安いですよね!お手軽にVIOが使えます。

お年寄りやPCに慣れていない方、一人暮らしで自分のPCを安く使いたい方には朗報なのではないでしょうか!!

こちらから申し込めます!!

↓ ↓ ↓

 

 

 

【時事ニュース】配偶者控除 年間給与3段階に分け控除減額

www3.nhk.or.jp

 

配偶者控除が見直しされそうですね。

 

配偶者控除とは、夫婦のどちらかが103万円まで稼いでも、配偶者の扶養範囲内で、所得税を納めなくてよいですよ、という制度です。

扶養者になるメリットとしては、夫の健康保険や年金保険の第3号被保険者になれるので、健康保険料・年金保険料を払わなくてよくなるということです。これはお得ですよね。

 

この制度があるため、夫婦一方の年収を103万までにおさえる家庭が多く、「103万の壁」とも表現されてきました。

一方で、この制度が女性の社会進出を阻んでいるという声があり、昨今この制度の扶養範囲の金額について見直しが議論されています。たしかに多くの家庭が扶養者の収入を103万円にしていたら日本経済的にはマイナスですよね!

 

それが上記ニュースにも書いてある通り、150万となりそうです。

 

あれ??そもそも女性の社会進出を阻む壁を取り払おうという趣旨ではじまったこの議論ですが、103万→150万ってあまり変わらないように思うのは僕だけなのか??

年額にして47万、月額4万円家庭の所得が増えてどれだけの経済効果があるのだろう。。。と思ってしまいました。

 

うーん、世間からのハレーションを考えるとこのあたりから始めようと思ってのことかもしれませんね。今後に期待ということでしょう。

 

将来、日本も欧米みたいに共働きでハウスキーパーをやとう、という生活が当たり前になるかもしれませんね。